ベビーテック

あらすじ

空をも自在に飛ぶ謎の覆面ヒーロー

ベビーテック登場!!

怪人 夜の魔王に襲われるとんまな迷探偵 野呂利三平。

彼を助けたのは、正体不明の少年探偵 ベビーテックだった!

1959年に集英社の雑誌「日の丸」で連載が開始された『ベビーテック』は桑田次郎による少年探偵作品である。桑田次郎の描く少年探偵といえば『まぼろし探偵』が有名であるが、本作はその『まぼろし探偵』と同時期に発表された作品である。

さらに『Xマン』や『ガロロQ』といった傑作も同じ頃連載しており、まさに超人漫画家とも言うべき仕事量であった。

そんな桑田次郎の最盛期に生み出された本作は、軽快なアクション、スタイリッシュな敵役、読者を和ませてくれるオトボケキャラクターなど『まぼろし探偵』に引けを取らない一作だ。

今回は「日の丸」連載の全エピソードを収録!

神出鬼没の少年探偵アクションをお届けする!!

著者 : 桑田次郎

未登録の著者です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)