ミュータント伝

あらすじ

最愛の人に「人類を滅ぼす」病原菌が宿っていたとします。あなたは、最愛の人の命を奪えますか?

原始の時代のある闘い。ひとつの鉱石から始まった悲劇へと続く物語。放射能に汚染された後の生存競争。そして、酸素が途絶えた地球に生まれた意外な命。誕生、発展、闘争、淘汰、衰退、滅亡、そして再び誕生(変異)という「命」の流れを、圧倒的な筆力で魅せる桑田次郎(桑田二郎)のスペクタル作品。

特に有名なのは冒頭の数十ページ。言葉を持たない人類の時代。セリフのないマンガは、あたかも無声映画のようだ。桑田次郎(桑田二郎)の冴えたペンタッチが迫る序章は、一見に値する。

著者 : 桑田次郎

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)