こち亀~道案内~こち亀~道案内

あらすじ

こちら「こち亀」道案内 〜両さんはお巡りさん!〜「亀有に両津がやってきた!の巻」(巻頭カラー) 「両津の決断の巻」/〜両さんの遥かな少年時代〜「おばけ煙突が消えた日の巻」(オールカラー23P) 「ぼくたちの東京タワーの巻」/〜セレブ! 中川&麗子〜「中川メモリアル」「中川家の人々〜大集結編〜の巻」「麗子メモリアル」「女の敵 大追跡!!の巻」/〜両さんは人間じゃない!?〜「鉄人レースin葛飾区!!の巻」「女だらけの派出所!の巻」/・時空コラム「東京・下町・葛飾めぐり」

著者 : 秋本治

秋本 治(あきもと おさむ、1952年12月11日 – )は、日本の漫画家。東京都葛飾区亀有出身。本郷高校デザイン科卒業。代表作は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。旧ペンネームは「山止 たつひこ」(やまどめ たつひこ)。有限会社アトリエびーだまの社長でもある。9歳の時に父親と死別して以降、母親の手だけで育てられる。小学校3年生頃より、漫画らしきものを描き始め、5年生の時に漫画家に憧れるようになり、ペンを買い、久松文雄の『スーパージェッター』に似たものを描く。中学校に入り、母親に買ってもらった石森章太郎の『マンガ家入門』を擦り切れるまで読み、ペンの種類や描き方などを知る。この頃書きためた作品をまとめた個人誌「星」を製作する。高校のデザイン科に入学し、学友とともに「マンガ劇画同好会」を立ち上げるとともに同人サークル「CCマニア」に参加し、同人誌『でんでんむし』に作品を投稿していた。この頃の画風は周囲からの影響で劇画タッチだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)