カノジョは嘘を愛しすぎてる

あらすじ

「小笠原さんって何してる人なんですか?」「何って…えっと…ニート?」「ニートぉ?」「え?え?ニートって何?」「や…ニートっていうか…(めんどくせー)」「何歳なんですか?」「25。」「25!?25で無職なんですか?それ男としてどうなんですか?」「…あ、そうだよね。労働は国民の義務だよね」「あ!じゃあウチの八百屋で働けばいいよ」「リコは黙ってろ!!」「えー!?」「えーっと…あの…ニートだけど収入はあるんで…ご心配なく」「親のスネかじってんですか?金持ちのボンボンってことですか?」「え?あれ?そっか…そうなるのか」「ていうか小笠原さん、カノジョいない歴何年ですか?」「え?ええっと…カノジョは…いたこと…ない…かな」

著者 : 青木琴美

青木 琴美(あおき ことみ、本名同じ、1980年1月7日 – )は、日本の漫画家。愛媛県出身。血液型はB型。1998年、小学館の『少女コミック』増刊11月15日号にて掲載された「99のナ・ミ・ダ」でデビュー。同年、デビュー作から2作目の「聖夜のキス」で『少女コミック』本誌初掲載を果たす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)