旅の途中

あらすじ

瀧耕助、甲子園優勝の超高校級のピッチャーだ。しかし無類の女好きの軟派野郎!高校を飛び出しブラリと旅だった。行き先は東北の小京都「桜館」、美人の里だ。色と恋の大活躍が始まる。

著者 : 本宮 ひろ志

本宮 ひろ志(もとみや ひろし、本名: 本宮 博(読み同じ)、1947年6月25日 – )は、日本の漫画家。千葉県千葉市出身。葛飾区立小松中学校卒業。埼玉県立浦和高等学校(通信制)中退。代表作は、『男一匹ガキ大将』、『俺の空』、『サラリーマン金太郎』など多数。妻は、漫画家のもりたじゅん。「菅直人元首相の復活に期待する会」の発起人の一人。中学校卒業後はパイロットを目指して航空自衛隊に自衛隊生徒として入隊するも、17歳で退職。その後漫画家を目指す。1965年、貸本漫画「きみとぼく」11号(日の丸文庫)掲載の『遠い島影』でデビュー(本宮博 名義)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)