Gの蹄音

あらすじ

馬漫画の巨匠・やまさき拓味が描く、感動の競馬ドラマ! 人馬一体の天才少年・天狼鉄馬は、亡き母の夢、ダービー出走を叶えるべく、故郷を飛び出し、ジョッキーに。だが、所属したのは何故か地方・金沢の弱小厩舎。気弱な馬に股がり、鉄馬はどんな奇跡を起こすのか!? 人、馬、様々な出会いと別れを経て、少年は本物の男(ジョッキー)へと成長する!!

著者 : やまさき拓味

やまさき 拓味(やまさき ひろみ、1949年12月22日 – )は、日本の漫画家。和歌山県出身。男性。血液型B型。代表作は、競馬を題材とした漫画「優駿の門」シリーズ。1972年、「鬼輪番」(原作:小池一夫)にてデビュー。さいとう・プロダクションに所属した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)