ミスミソウ

あらすじ

廃校が決まっている田舎の中学校に転校した春花。最後の卒業生となるクラスで春花を待っていたのは、鬱屈した環境の中、静かに狂い始めたクラスメイトによる凄惨なイジメだった――。

著者 : 押切 蓮介

押切 蓮介(おしきり れんすけ、本名・神崎良太 1979年9月19日 – )は、日本の漫画家、ミュージシャン。神奈川県川崎市高津区出身。東京都杉並区高円寺在住。血液型A型。祖父は直木賞作家の神崎武雄。母は山口県下関市出身で、母方の祖父は警察署長、祖母は旅館の女将。1998年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)に掲載された「マサシ!! うしろだ!!」でデビュー。 独特の絵柄と多彩な作風を持っており、ホラーギャグなるジャンルを開拓したことで知られるが、ジャンルに縛られない多作な作家である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)