あしたのジョー

あらすじ

「ひじを左わき下から離さない心構えで……やや内角をねらい、えぐりこむようにして打つべし!」――漫画史にその名を刻んだ、永遠の名作! 東京・浅草のドヤ街に、ふらりと現れた一人の少年。矢吹丈(やぶき・じょう)と名乗るその少年に一方的に叩きのめされたアル中の元ボクサー・丹下段平は、その動きに天性のボクシングセンスを見出し、一流のボクサーに仕立てあげんと奮闘するが……。

著者 : ちばてつや

1939年(昭和14年)1月11日、東京築地の聖路加病院で生まれる。
同年11月に朝鮮半島を経て、1941年1月旧満州・奉天(現中国・遼寧省瀋陽)に渡る。
1945年終戦。翌年中国より引揚げる。
1950年、友人の作る漫画同人誌「漫画クラブ」に参加。1956年、単行本作品でプロデビュー。1958年「ママのバイオリン」で雑誌連載を始め、1961年「ちかいの魔球」で週間少年誌にデビュー。
主な作品に「1・2・3と4・5・ロク」、「ユキの太陽」、「紫電改のタカ」、「ハリスの旋風」、「みそっかす」、「あしたのジョー」、「おれは鉄兵」、「あした天気になあれ」、「のたり松太郎」など。


これも学習漫画だ!推薦コメント

不幸な環境で育ったジョーの背負っている気持ちがひしひしと伝わってくる。環境に負けずにそれを覆して頑張ろうとする人間の姿に、自分も頑張ろうという気持ちになるような作品だ。作中では「あした」という言葉がとても印象的に使われている。「あした」が象徴する、未来を夢見る強い気持ちが何度も語られていて、「あした」を生きるであろう若い人には、是非ジョーの姿に影響を受けてほしいと思う。そして何より、ちばてつや先生の絵が素晴らしい。特に、うまく自分の悲しみと他人と共有できなくて、悲しそうな顔をするときの、ジョーの瞳は読者に雄弁に語ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)