スーパードクターK

あらすじ

新たなる神話の誕生、その名はK!!野獣の肉体(からだ)に、天才的頭脳を持つ男、K!かつて、幻の天才外科医と呼ばれた彼が依頼された仕事は、心臓の移植手術だった。だがそのウラに隠された、邪悪な意志を知ったとき、Kの神業のメスが悪を斬り裂く!今、ハードボイルド医学伝説がはじまる!!

著者 : 真船一雄

真船 一雄(まふね かずお、1964年8月24日 – )は、日本の漫画家。神奈川県南足柄市出身。O型。神奈川県立小田原高等学校の学生時代から漫画を描き始める。卒業後、漫画家のアシスタントをしながら漫画賞などに作品を投稿する。やがて、その中の1つが入選し、『あいつは絶好調』(1984年、『フレッシュマガジン』)でプロデビュー。代表作は1988年から1998年まで連載された『スーパードクターK』(1996年より『DoctorK』に改題)である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)