RAINBOW

あらすじ

昭和30年7月。水上真理雄をはじめ、凶悪犯とされる6人の少年たちが、湘南特別少年院に送られてきた。教官から虫ケラのように扱われ、屈辱的な身体検査を受けた後、彼らは二舎六房という部屋に入れられる。そこには桜木六郎太という年長者がいて…。俺たちは生き残る。いつか必ず外(シャバ)に出る!昭和30年、湘南特別少年院の二舎六房に入れられた7人の少年たちを描く、壮絶な時代の青春群像!!

著者 : 柿崎正澄

柿崎 正澄(かきざき まさすみ、1978年5月18日 – )は、日本の漫画家。北海道紋別市出身。男性。血液型はA型。北海道芸術デザイン専門学校卒業。2001年、小学館『別冊ヤングサンデー』に掲載された「ツートップ」にてデビュー。2005年、『RAINBOW-二舎六房の七人-』が、第51回(平成17年度)小学館漫画賞一般部門受賞。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)