小さな恋のものがたり

あらすじ

第1巻は、単行本「小さな恋のものがたり」の第1集と第2集を中心に再編集。表紙もオリジナル版を忠実に再現。第1集からは二人がどのように出会ったか、初めてのデートやチッチがサリーにいかに想いを寄せるようになったかが描かれている。第2集は、二人の関係が親密になり、星空のように広がっていく小さな恋の続きをお届けする。

著者 : みつはし ちかこ

みつはし ちかこ(女性、1941年1月30日 – )は、日本の漫画家。戸籍名は青木 千禾子(あおき ちかこ、旧姓:三橋)。代表作は『小さな恋のものがたり』『ハーイあっこです』など。茨城県石岡市生まれで、1歳の時から東京都中野区で育つ。現在も中野区在住。幼少時代から絵や漫画、詩に親しみ、東京都立武蔵丘高等学校卒業後、テレビ動画社などに勤務。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)