マラソンマン

あらすじ

高木一馬は、負けず嫌いの小学3年生。その父・勝馬は、かつてはマラソンのトップ・ランナーだったが、今は酒とギャンブルの負け犬人生を送っている。そんな2人に、突然、離別の危機がおとずれた。父と子の絆と、過去の栄光をとりもどすため、勝馬は、ついに再起の道を歩みだす!幻のランナー、奇跡のカムバックなるか!?井上正治の情熱のマラソン・ストーリー、スタート!

著者 : 井上正治

井上 正治(いのうえ まさはる、1962年3月28日‐)は福岡県北九州市出身の漫画家。小倉南高校、九州産業大学を卒業後、1991年に『ミスターマガジン』(講談社)誌上で連載された『極楽とんぼ』にて漫画家デビュー。1993年に『週刊少年マガジン』(講談社)誌上で『マラソンマン』の連載を開始。その後も同誌上で『ポリスマン』、『JUMP MAN〜ふたりの大障害〜』と語尾にマンをつける漫画を連載したため、この3作をあわせて「(井上)マンシリーズ」と呼ばれることもある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)