世界女帝列伝 クレオパトラ

あらすじ

原作・倉科遼、作画・叶精作の名コンビで放つ世界女帝列伝シリーズ!「エジプトを守るためならば娼婦にもなろう!」絶世の美女と謳われたエジプト王朝最後の女王クレオパトラ。カエサル(ジュリアス・シーザー)、アントニウス、そして初代ローマ皇帝アウグストゥス(オクタヴィアヌス)…三人の英雄に愛された歴史上最も名高い女王の真実は、聖女か? それとも娼婦か? あまりにも有名な古代エジプトの女王・クレオパトラの血みどろの権力闘争と一途な愛を『女帝』の倉科遼を原作者に迎え、権力と愛の狭間で悶える美貌のクレオパトラの肉体と心をスーパーリアル描写の叶精作が見事に描く“女帝パワーアップ世界版”

著者 : 倉科 遼

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)