ストレンジ・プラス

あらすじ

行方不明の兄、巧美を探す弟、恒。巧美は探偵事務所の所長になっていた。6年ぶりの感動の再会のはずだったのだが・・・

著者 : 美川 べるの

美川 べるの(みかわ べるの、1976年4月15日 – )は、日本の漫画家。北海道出身・在住。女性。血液型はO型。愛称は“ミカベル”。1993年、高校生の時に『別冊フレンドDX・Juliet』(講談社)に掲載された「激情アーティスティック」でデビュー。その後、女神転生シリーズやネオジオソフトを始めとした様々なゲーム4コマ・アンソロジーの執筆を経て、2002年に『コミックZERO-SUM』(一迅社)にて代表作『ストレンジ・プラス』を連載開始。同作は関連グッズが製作されたり、3度にわたってドラマCD化もされている。2014年に『ストレンジ・プラス』が著者としては初のアニメ化。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)