あらすじ

星を示す痣を持つ者だけが「時の止まった時間」の中で動くことができる。 痣の持ち主には惑星と星座がいる。 惑星は星座を支配する。 星座は惑星を守護する特殊能力を持つ。 星座は能力とともに宿命の記憶を得る。その過酷さに一部の星座は精神に異常を来している。 理由を問わず、星座の死とともにその能力は惑星のものとなる。 星の痣を持つ者が触れた対象の周辺のみ止まっていた時間が動く。

著者 : 凜野 ミキ

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)