宗像教授異考録

あらすじ

東北地方に古くから存在する巫女“イタコ”。縄文時代から続くとも言われるその伝承の秘密をテーマに講義を行う宗像のもとに、かつての教え子・津島が訪ねてきた。夫と死別し、用事が終われば故郷・青森へ帰るという津島と当地での再会を約束した宗像は、調査のためひとり青森の地に降り立ち、西津軽郡木造町に住む“イタコ”、赤倉ハルのもとを訪れる

著者 : 星野之宣

星野 之宣(ほしの ゆきのぶ、1954年 1月29日 – )は、日本のSF漫画家。北海道出身。愛知県立芸術大学美術学部日本画科中退[注 1]。代表作に『ブルーシティー』『2001夜物語』『ヤマタイカ』『宗像教授伝奇考』など[注 2]。1975年に『鋼鉄のクイーン』でデビュー。文学者の伊藤整は大叔父にあたる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)