青血のハグルマ

あらすじ

”ハグルマ”と呼ばれる巨大メカを作ることのできる唯一の人間・コドは、青月国の王子。彼は、「非族」と呼ばれる異種族との戦で疲弊する民のため、復興のため、こもりきりでハグルマを作っていた。だがある日、ハグルマが実は「非族殺し」に使われていることを知ってしまう。そして「非族」とは、血の色が違うだけで実は「人間」だということも。コドvs自ら作ったハグルマ……悲しき戦が始まる!!

著者 : 果向浩平

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)