お味見侍

あらすじ

時は元禄。年をとった徳川五代将軍はある思いに浸る…。「生きているうちに最上の名器を味わいたい」。
その願いを叶えるべく、公儀としてひとりの男が任命された。その名も、お味見侍・水無月堂馬! 
お味見侍が今日もイクッ! 白虎丸が贈る痛快時代劇。

著者 : 白虎丸

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)