アレルヤ

あらすじ

ヴァイオリンの貴公子といわれ、いま最も注目を集める男・有馬公平。彼の凱旋公演がまもなく川崎のホールで始まろうとしていた。だが前夜、駅前でヴァイオリンを弾く男と出会った公平は、その音に大きな衝撃を受ける。そして偶然か必然か、その男・道音響は、その公演に招待されていて…!?

著者 : 能條純一

能條 純一(のうじょう じゅんいち、1951年1月22日 – )は、日本の漫画家。東京都墨田区生まれ、血液型B型。クールでシャープな描線・タッチが特徴的な絵柄の作家である。ネームにおける見せ所は、主に男の美学。1971年、『COM』の「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞している。漫画家としてのデビュー後は1980年代中盤まで、成人向けの劇画作品を発表していた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)