沼、暗闇、夜の森

あらすじ

キコはいつもひとり。だけど時折、空を見てフフッと笑い、楽しそうにおしゃべりする。そう、キコは死人としか話さない。いや、死人としか話せないのだ。生きている人間が怖い。それがキコの口癖。しかしそんなキコにも見るたびに胸が疼く女の子がいる。…死人がささやく。その疼きをずっと抱えてるままでいいの? 表題作『沼、暗闇、夜の森』ほか、不良少女の虜になる潔癖な女教師や高校生時代の初恋が忘れられない女子大生の執着、二人の女子高生が紡ぐ奇妙な絆と葛藤を描いた4編に描き下ろし3編を加えた、心の淵をえふる渾身の読切短編集。

著者 : さかもと 麻乃

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)