七つの大罪

あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

著者 : 鈴木央

鈴木 央(すずき なかば、本名同じ、1977年2月8日 – )は、日本の漫画家。福島県須賀川市出身。男性。代表作は『ライジングインパクト』『ブリザードアクセル』『七つの大罪』。既婚者。愛称は「央(なかば)」の名前から取られた「ばっちょ」。自身の格闘技好きから来る熱い線、趣味の少女漫画に影響を受けた繊細な画風、ファンタジー風の背景が特徴。デビュー作『Revenge』やその後発表した読切は、いずれも中世ヨーロッパ的な世界観のファンタジー漫画だった。初連載『ライジングインパクト』はゴルフをテーマにしたスポーツ漫画だったが、多くのキャラクターの名前が『アーサー王物語』から取られ、また扉絵などではしばしばファンタジー風のイメージイラストが描かれた。連載作品でファンタジーを扱ったのは『僕と君の間に』のみである。『金剛番長』については当初ファンタジー漫画の予定で連載企画を進めていたが、打ち合わせの最中に冗談で挙がった「番長漫画」のアイデアが盛り上がり、そのまま本採用されたという経緯がある。


マンガ大賞おすすめコメント

「『七つの大罪』が一人また一人と集まってきていて、それぞれの過去などが今後も気になる。ファンタジー、冒険モノの王道的作品ですが、読み応えあり」

「鈴木央先生の超王道ファンタジー!!!!!!!!!!!!こんな核融合的な素晴らしい組合せがあったなんて辛い。面白すぎて辛い。ディアンヌちゃん可愛すぎて辛い。ディアンヌちゃんの為なら死ねる。刊行ペースが早いので来年投票じゃ間に合わないと思い今回投票させていただきます。今年は5枠じゃ足りない。王道少年ファンタジー枠は7つの大罪ということでぜひ!」

「最初は少し「雰囲気少年漫画」感がありましたが、巻を重ねる毎に魅力のあるキャラが増えストーリーも色々な角度から見えてきたので俄然面白くなってきました。」

「少年マンガをずっと描いてきた著者の今までのエッセンスが集約された壮大なファンタジー!まさにTHE☆少年漫画!読んでいて毎回ワクワクさせるのは本当にすごいこと!巻数も規定内なのでこれがきっとラストチャンス!もっと売れるべき!と思ったので1票入れました。」

「まさに王道ファンタジー!ストーリーだけでなく、画も非常に上質!素晴らしい!」

「次々に読み進めたくなる怒涛の展開がたまりません。ファンタジー好きの方に、お薦めの一冊です。」

選考員コメント・2次選考

「まさにファンタジー漫画の王道!読み応え十分!」

「久しぶりに正統派ファンタジーで僕の心に突き刺さる作品が来ました!わくわくしながら続きを読めます。主人公たちの過去から現在にいたるその世界での細かい立ち位置が現時点で読者にはまだはっきりとわからないですが、それ以外の要素で話を引っ張るのでむしろその不明な部分が気になって先を知りたくなります。ディアンヌがかわいすぎて、僕に巨人属性がつきそうですw」

「ずっとまんたいのノミネート作は少年漫画が弱くてそこが残念だったけど、ようやくいい作品が登場してうれしい。ド王道を最後まで貫いて、小学生の男の子が喜ぶような作品になってほしい。」

「王道とはまさしくこの漫画のことを指すのだろうか。国を脅かす罪を背負って消えた超人たちがいま、いったい何をしているのかといった問いかけから、意外な姿と真っ当な思考で日々を暮らしている大罪人たちの登場があって、世間で思われているのとは違った事情がそこにあるんだと感じさせ、ではいったい過去に何があって、これから何が起ころうとしているのかを想像させ、わくわくとさせる。実は自分は強いんだという願望を満たしてくれる設定もあれば、自分の強さのはるか上をいく存在がいるとう可能性に気づかせてくれる展開もあって、身を寄せれば突き放され、それでも食らいついていくことで物語を追っていける。そんな先にいったいどんな物語が待っているのか。世界はどうなってしまうのか。まだまだ端緒に過ぎないストーリーが完結した時に浮かび上がる感慨が、今から楽しみだ。」

「これぞ王道ファンタジー!!往年のファンタジーファンとしては、久しぶりの胸が熱くなる冒険譚です。国の行く末を憂えた若き王女エリザベスが、伝説の騎士団『七つの大罪』に助けを求めるところから物語は始まります。なぜか10年前から少年の容姿のままの騎士団長メリオダス、残飯処理係で言葉をしゃべる(そしてボケる)豚のホーク、そして個性的な騎士団仲間たち。テンポのいいバトルは見物です。気持ちのいいくらいの剣と魔法の世界は、純粋だったあの頃を思い起こさせてくれます。少年マンガではありますが、昔少年だった大人の方にもオススメの作品です!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)