うっちゃれ五所瓦

あらすじ

五所瓦角は伝統ある武蔵山高校相撲部のたった1人の部員。3年生の五所瓦は、高校最後のインターハイ団体戦に出場し、優勝するのが夢だった。だが、団体戦に出場するためにはどうしても5人の選手が必要で…。五所瓦が集めた助っ人は、とんでもない奴らばっかり。気合いと奇策で立ち向かう波乱の土俵!!爆笑と感動の青春スポーツマンガ!!

著者 : なかいま強

なかいま 強(なかいま つよし、1960年4月13日 – )は、日本の漫画家。スポーツマンガを多く手がける。沖縄県出生、出身。男性。沖縄大学中退。身長約168cm。中学・高校・大学は野球に打ち込んで過ごす(ただし大学は肩を壊し、1年で中退)。上京後はしばらく卵問屋に就労していた。


これも学習漫画だ!推薦コメント

相撲の知識が全くなくてもすんなりと「男の子のまっとうな世界」に入り込める。本来は個人技である相撲だが、本作は「インターハイ団体戦」におけるチームワークのドラマになっている。団体戦における戦術、戦術をいかす各個人の能力と熱意、これらは社会における個の生かし方ともつながる。自分を生かし他をも生かす充実感を子どもたちに感じてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)