鬼宿の庭

あらすじ

「この世は存外おもしろい」 それは二十八日に一度人界に現れる不思議の庭。 絵師の可風は、草木百花を司るたまゆら姫と出会い、恋に落ちた―――。 名作『君のいない楽園』の作者が放つ、渾身の意欲作! 心優しき絵師・可風はある夜招かれた「鬼宿の庭」で主である精霊・たまゆら姫と出会う。変幻自在に姿を変え、人の世の理を語るたまゆら姫に次第に魅了されていく可風。しかし姫は、人間に触れるとその命を縮めてしまう運命であった――。夏から冬へ移りゆく季節とともに紡がれるせつなくも美しき逢瀬奇譚!

著者 : 佐野未央子

佐野 未央子(さの みおこ)は、日本の漫画家。宮城県仙台市出身。宮城県第一女子高等学校(現:宮城県宮城第一高等学校)卒業。代表作に『朱い絲のパラレル』がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)