しあわせのかたち 愛蔵本 1巻<しあわせのかたち 愛蔵本>

あらすじ

おまえ、コイツ、べるの、玉吉、ちょりそのぶ…あの仲間たちに、また会える! ファミ通草創期から大きな人気を博したゲーム漫画のオリジネーターにして不滅の金字塔、桜玉吉の名を不動のものにしたオールカラーコミックを、2000年刊行の愛蔵版を底本に、完全電子化!

著者 : 桜 玉吉

桜 玉吉(さくら たまきち、本名:野澤 朗、1961年3月2日 – )は、日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。東京都立芸術高等学校卒業、多摩美術大学中退。有限会社「玉屋」社長。身長181センチメートル、血液型A型。実姉はイラストレーターの真野匡。エンターブレイン(旧、アスキー出版)の雑誌を中心に、漫画日記やコンピュータゲームを題材とするギャグ漫画を発表している。代表作に『しあわせのかたち』、『漫玉日記』シリーズなど。イラストやゲームのキャラクターデザインも手がける。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)