北の狼

あらすじ

札幌に旅行に来ていた雪子は婚約者の智に似た男、仁と出会う。右手に傷を持ち、北の狼と呼ばれて恐れられる仁に雪子は心を奪われる。

著者 : 木村直巳

木村 直巳(きむら なおみ、1962年9月17日 – )は、日本の漫画家。東京都出身。男性。1978年、「マンガ少年」新人賞佳作入選。同誌に掲載された受賞作『最後の妖精』でデビュー。2003年には『てんじんさん』で第7回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)