僕と管理人さんの憑いてる日常

あらすじ

「きみ、かわいいね。いくつ?」――なんだ、このおっさん!!? 有沢斎(26)の毎日は、自分をナンパしたおっさんとの挨拶からはじまる。というのも、そのおっさんこと加々見惣一(45)は、斎の住むマンションの管理人で、毎朝、水をかけられたり、ハタキでたたかれたりと、やたらに絡まれるのだ。これって…やっぱり、そういうこと…なの、か…!? ところが、加々見の人には言えない、ある「特技」に助けられることになり…。常識も良識もふっとばす? 「僕」と管理人さんの憑いてる日常のはじまりです!!

著者 : すず黄

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)