デビルキング

あらすじ

「人間が創り上げてきた文明が、いまや人間性を毒している!! いまこそ神を創り人間と対決する時だ。」と信じる小早川博士は、助手の古場と、人類を自然のすがたにもどすためにある研究を行っていた。人間の体内に貯えられているエネルギーを十万倍にしていっきょに巨大化させるのだ! 実験に協力することになってしまった正男の運命は…!?

著者 : さいとう・たかを

さいとう・たかを(本名:斎藤 隆夫、1936年11月3日 – )は、日本の漫画家。和歌山県出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。貸本漫画時代に劇画という分野を確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』をはじめとする数々のヒット作品を生み出した、劇画界の代表的人物である。また「さいとう・プロダクション」を設立し、各スタッフの分業体制により作品を制作するという方法を確立した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)