深呼吸の必要

あらすじ

「夢なんて持てない。」そんなふうに生きている中学三年生の風子は、毎日をなんとなく過ごしている眠たげな目をした少女。そんな風子を心配した担任は自分の息子で、野球(ピッチャー)をやっている紅林天と引き合わせる。風子は彼が明るい外面とは裏腹、冷たい一面を持っていることを知り、彼を嫌いつつも興味を持っていくが…。じきに球界の若き天才投手(25歳)となる男に見初められた中学生の少女(15歳)は、なぜか自分にはこの人が必要なのではないかと思えてしかたがない…。この気持ちは正しいのか!?

著者 : 高田祐子

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)