トリアングル

あらすじ

歌人、俵万智の処女小説(中央公論新社)を『いとしのエリー』の高見まこが描く大人のラブストーリー。33歳のフリーライター、薫里は、7つ年下でミュージシャン志望の圭と恋に落ちる。しかし薫里には妻子あるもう一人の恋人、Mがいた…。2006年『TANNKA 短歌』として映画上映されました。

著者 : 高見まこ

高見 まこ(たかみ まこ、女性、12月6日生)は、日本の漫画家。東京都生まれ、千葉県育ち。A型。千葉県立佐倉高等学校、武蔵野美術大学卒業。長岡造形大学非常勤講師。本名は渡部宣子。夫は漫画家のわたべ淳。手塚治虫に憧れ漫画家を志し、手塚プロダクションに就職した。同期に石坂啓、寺沢武一、三浦みつるなどがいた。1980年に『みどりのラブステップ』(「LaLa」)でデビュー、同時に手塚プロダクションを退職した。1984年には初の連載『いとしのエリー』(「週刊ヤングジャンプ」)がヒットした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)