北斎漫画

あらすじ

世界十大芸術家の1人と目され、日本のみならず世界で高い評価を受けている葛飾北斎。

1831年刊行の『冨嶽三十六景』は日本人なら誰もが知っている名作中の名作だ。その『冨嶽三十六景』と並んで葛飾北斎の代表作と言われているのが『北斎漫画』で、19世紀中ごろには日本のみならず欧州へと伝えられた。『北斎漫画』はジャポニズム(日本趣味)を引き起こす原動力となり、パリでは神として崇められるほどであった。モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど欧州の画家たちは北斎の描写力と構図に感動し、自分たちの絵の中にも取り入れた。

本書は、北斎漫画、約4000図の中から
①人物・風俗編
②動植物・伝説の生物編
③風景・建築物・歴史編
④戦(いくさ)編
⑤江戸庶民編

と5カテゴリを抽出し、収録。
北斎の個性豊かな人物描写や今日では信じられないような風俗に是非注目し、鑑賞していただければと思う。

【目次】
①人物・風俗編
②動植物・伝説の生物編
③風景・建築物・歴史編
④戦(いくさ)編
⑤江戸庶民編

著者 : クールジャパン研究部

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)