匠異之進

あらすじ

江戸時代劇。舞台のようなイキイキとしたコトバたちが立ちあがる。しかし、アートノベルとゆうことはワードアートととして読む。または感じる。優しいストーリーテリング作品です。江戸の異能たちが奇想天外なストーリーを現代と行ききしながら展開。チャラけた悪どい連中たちを成敗する様がまさにコンテンポラリーアートのように仕上がっている。時代ものギライの読者でもスンナリとこころに落ちます。

著者 : 松久

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)