月と世界とエトワール

あらすじ

名門女子校・月光館学園は数多の音楽家を輩出する。歌姫は、支えとなる作曲家と婚約の儀式を行い、生徒会、時には理事会以上の権力を握る。舞坂よぞらは、祖母の思い出とともに、この月光館の門をくぐった。なにかとつっかかってくる岸辺世界、学園の憧れの的・白凪海百合、彼女の作曲家で麗人・天柳永遠―彼女らに翻弄されながら、よぞらはどんな唄をうたうのか―。

著者 : 高上 優里子

高上優里子(たかがみゆりこ 3月23日 – )は、日本の少女漫画家。広島県出身。牡羊座、血液型はO型。2001年、講談社「なかよし」第32回なかよし新人漫画賞において「ずっと続いてゆくのです。」で準入選を受賞しデビュー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)