なんてっ探偵・アイドル

あらすじ

結婚のため引退することになったトップアイドル・氷野祥子の、ラストコンサートが開かれることになった。しかしそのオープニングで停電が起こり、祥子はステージ上で死体となっていた! 殺人の疑いをかけられたのは、祥子のプロデューサー・神田雄三、ダンスグループ・レイヴスのメンバーで祥子の結婚相手であるタクロー、祥子のマネージャー・川上房枝、スタイリスト・三島純子、そして祥子を見出しながら資金繰りがうまくいかず手放した悲劇の社長・日影谷の5人。この中から真犯人を見つけ出すべく、アキラはじめトリコロールの3人が推理を始める。

著者 : 北崎拓

北崎 拓(きたざき たく、本名同じ、1966年7月27日 – )は、日本の漫画家。兵庫県芦屋市出身。男性。血液型はAB型。1984年、『少年ビッグコミック』掲載の「英雄行進曲」でデビュー。デビューに前後してバンダイ発行の模型情報誌『模型情報』や『Bクラブ』でも「北崎拓美」「北崎ひろみ」のペンネームでイラストや漫画を執筆。ホビーを中心としたメディアミックス作品『スパイラルゾーン』の展開に際しては模型情報掲載コンテンツの一つとして企画されたコミックのパイロット版(結果的には伊藤和典執筆の小説版が掲載される事となった)や、その外伝作品『バトルスコーピオンK』を執筆した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)