クツナシ姫

あらすじ

土姫とは、10年に一度行われる豊饒の祈祭の要となる存在であり、幼い頃に選出され、生きた神体として扱われる。靴屋の青年はひょんなことから、土姫と出会い、その靴を献上することになる。靴を通して交流を深めていく二人だったが、別れの時は刻々と迫っていた――。表題作「クツナシ姫」をはじめ、珠玉の作品を集めた短編集がついに発売!

著者 : 赤夏

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)