キュレーター

あらすじ

主人公・羅門剛介は、元メトロポリタン美術館のキュレーター。ある絵画にまつわる事件がきっかけで自らメトロポリタン美術館(Met)を去り、現在はNY大学で教鞭を執る傍ら、依頼に応じて美術鑑定などの仕事をこなしていた!

著者 : 宇治谷順

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)