蜜辱かぐや姫~時をかけて脱がされ舐められ~

あらすじ

嫁入り前の体がクチュクチュと…いやらしい音がする。「こんなこと、はしたないっ」と思うのに力が抜けて、どうにかなってしまいそう――葵は長い廊下をかけだして、転んだで落ちたはずが、響の部屋にいた。フツーの男の子の部屋、まるで別世界。葵は平安時代からやってきた、正真正銘のお姫様。大事に育てられ、世間のことを何も知らない、ましてや現代なんて…。だから、未開発のお姫様にじっくりとその体に教えてあげちゃう!

著者 : すずしろやくも

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)