電子妖精アバタモエクボ

あらすじ

ゲーム好きの少年、菅原ヨシオが拾ったROMの中から女の子が現れた。彼女の名前はアバタモエクボ。ゲームの世界と現実世界が融合してはちゃめちゃなことに!こやま基夫のフルカラー電子コミックの第1巻。

著者 : こやま 基夫

こやま基夫(こやま もとお、1960年7月11日 – )は、日本の漫画家。大分県大分市出身。1983年に第4回『週刊少年サンデー』コミック同人誌グランプリ作品部門に「古山基夫」名義の「エイリアン・テレビジョン」が入選。同年7月増刊号に同じく「古山基夫」名義の『うつり気マイハート』でデビュー。作品に『おざなりダンジョン』『電子妖精アバタモエクボ』『エンジェルノート』がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)