エンジェルノート

あらすじ

父親と二人暮らしをしている少年、大化(たいか)。ある日、学校に行くと自分そっくりの顔の女の子が現れる。彼女の名は、シンカ。妙に大化になついてくる彼女には、他の生物のDNA配列を瞬時に読みとって取り込むことができるというとんでもない能力があった!鳥や蟹の能力を得て変身し、暴れまわるシンカ。彼女を元の姿に戻すには大化のキスが必要だった。恋に進化に砲撃に、学園はパニック状態。SFサイバーパンクラブコメ漫画が電子書籍で登場。

著者 : こやま 基夫

こやま基夫(こやま もとお、1960年7月11日 – )は、日本の漫画家。大分県大分市出身。1983年に第4回『週刊少年サンデー』コミック同人誌グランプリ作品部門に「古山基夫」名義の「エイリアン・テレビジョン」が入選。同年7月増刊号に同じく「古山基夫」名義の『うつり気マイハート』でデビュー。作品に『おざなりダンジョン』『電子妖精アバタモエクボ』『エンジェルノート』がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)