女の子合わせ

あらすじ

ネクラで写真だけが唯一の趣味の根神倉子、通称ネガ。一応女の子…だけど全く自分に自信が持てない。そんな彼女が憧れているのは、正反対のキラキラ女子、月宮さん。夢や想像ではHな事をしちゃっていても、現実では全然コミュ障状態。なのにまさかつき合う展開に。そんな“彼女”シリーズを始めとして、柔らかで初々しい女の子たちの触れ合いたっぷり。キュンキュン必至な一冊です。

著者 : 森島 明子

森島 明子(もりしま あきこ、1973年3月20日 – )は、日本の漫画家。東京都出身。女性。うお座。血液型はAB型。中学・高校と私立の女子校に通い、大学では建築学を専攻。1997年、女性向けレズビアン雑誌『アニース』(テラ出版)にて「しあわせ絵日記」でデビュー。1998年に夜間専門学校を卒業した後は、青木光恵をはじめとした漫画家のアシスタント生活をしながら生計を立てていた。2000年、竹書房『まんがライフ』にて中村うさぎ原作のエッセイの漫画化作品で本格的に4コマ漫画家として活動を開始した。以降芳文社、竹書房、双葉社等の各4コマ漫画雑誌で掲載作品が増え始める。また2002年頃よりティーンズラブ系短編を中心としたストーリー漫画の掲載も増え始めた。『パパ×ママりば〜しぶる♥』連載中は芳文社の4コマ漫画雑誌『まんがタイム』の表紙を担当していたこともある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)