X-GENE (イクスジーン)

あらすじ

『箱船に乗れるのはひとりだけ……』 平凡な高校生活を送っていた谷内勇次。ある日、幼なじみである影山美保の兄・秀一が、陸上大会で驚異的なタイムを出した後、全身を破裂させた。その後、次々と怪物に襲われる勇次は、己が絶滅動物の遺伝子を組み込まれたX-GENE(イクスジーン)であることを知る。生き残れるイクスジーンはたったのひとり………………・・最強の遺伝子を決める戦いが今、幕を開ける!

著者 : 柿崎正澄

柿崎 正澄(かきざき まさすみ、1978年5月18日 – )は、日本の漫画家。北海道紋別市出身。男性。血液型はA型。北海道芸術デザイン専門学校卒業。2001年、小学館『別冊ヤングサンデー』に掲載された「ツートップ」にてデビュー。2005年、『RAINBOW-二舎六房の七人-』が、第51回(平成17年度)小学館漫画賞一般部門受賞。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)