蒼き炎

あらすじ

「明治中期、ある小さな村で二人の赤ん坊が生まれた」という一節から始まるストーリー。一人は地主の長男の川上龍太郎、もう一人は小作人の長男の大山竹蔵であり、二人は小学生の頃から絵を描くことに熱中し、画家になりたいという熱い気持ちから二人とも田舎を捨て絵画の道を歩むが・・・。

著者 : 石川サブロウ

石川 サブロウ(いしかわ サブロウ、1953年1月18日 – )は、日本の漫画家。北海道岩内郡岩内町出身。1974年、『立ち読み厳禁』が第7回手塚賞で佳作となり、同作品でデビュー(『週刊少年ジャンプ』)。 以後、『警察犬物語』『北の土龍』『蒼き炎』などの作品を次々に発表し、骨太な中にも暖かみのある作風で多くの読者の支持を集める。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)