脳内ポイズンベリー

あらすじ

櫻井いちこ(29)は、飲み会で会って以来気になっていた男子・早乙女(23)に、偶然遭遇。『話しかける? 話しかけない?』『押してみる? 引いてみる?』いちこの脳内ではめくるめく会議が繰り広げられ――? 怒涛の新感覚ラブ・パニック、開幕!

著者 : 水城せとな

水城 せとな(みずしろ せとな、1971年10月23日 – )は、日本の漫画家。女性。血液型はA型。1993年、『プチコミック』(小学館)4月号に掲載の『冬が、終わろうとしていた。』でデビュー。以後、ビブロス、芳文社のボーイズラブ誌や『月刊プリンセス』(秋田書店)などに作品を発表。代表作に『同棲愛』『放課後保健室』『失恋ショコラティエ』など。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)