黒帯疾風録

あらすじ

時は明治14年-東京。ハイカラ紳士淑女にまじってちょんまげが悠然と行き交う 当時、煉瓦新地と呼ばれていた銀座通りを急ぐ一台の辻街俥があった…。「柔道の父」と言われた講道館柔道の創始者・加納治五郎とその弟子、西郷四郎の物語が今、幕を開ける!!

著者 : 橋本 一郎:ほんま りう

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)