麻雀新世紀 赤の伝説

あらすじ

『フリー雀荘最強伝説萬ONE』に登場した人気キャラ、「赤い彗星の西」を主人公としたスピンオフ作品。本編では過去に敗北を喫した「ホクトのケン」にリベンジマッチを挑む形で登場する西が、その敗北から再戦までの空白期間である、「ホクトのケン」を倒す力を身に付けるために、日本各地の強豪と戦う修行の旅を追った旅打ち物語!

著者 : 本そういち

本そういち(もと そういち、1963年8月3日 – )は、日本の漫画家。男性。神奈川県川崎市出身。本名、須本 壮一(すもと そういち)。本名名義での作品もある。日本大学高等学校卒業。在学中からいわゆる「持ち込み」を行っていたが、小学館の編集者に高校を卒業するように言われる。在学中にアシスタント募集をしていた岡崎つぐおのアシスタントとなり、制作技術の腕を磨き、また、漫画家という稼業を間近に学んだ。岡崎つぐおの元にやってくる編集者に自作品の添削を受けつつアシスタントをこなしながら、編集者に勧められた作品を仕上げて新人コミック大賞に応募、同作が1980年第19回『週刊少年サンデー』新人コミック大賞佳作となり、商業誌デビュー。その後、漫画家と並行して役者を目指し、1986年TBS緑山塾第四期生として入塾、1987年卒業後舞台を中心に演技活動を行うが、自身の趣味でもある麻雀をテーマにした作品が90年半ば軌道に乗り、漫画家としての活動が主力となる。そこから麻雀漫画家としての地位を確立。さらには北朝鮮拉致問題等の社会問題を扱う一方、『夢幻の軍艦大和』のような戦記物や、『ガンパパ島の零戦少女』のような美少女キャラ漫画なども手がける。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)