冷馬記

あらすじ

ギャグマンガのカリスマ、『がきデカ』の山上たつひこが小説を書き、
マルチに才能を広げているギャグマンガ家、『傷だらけの天使たち』『月光の囁き』の喜国雅彦が作画をする奇跡のコラボが実現!!!! 漫画界に激震が走る!!!!

思ったことを知らぬ間に口にしてしまう男と、顔が歪んだ義弟の二人が
繰り広げる珍道中。第1巻は旅に出る前のお話。奇想天外な笑いの世界に
あなたを誘います。

著者 : 喜国雅彦

喜国 雅彦(きくに まさひこ、1958年10月17日 – )は、日本の漫画家。香川県高松市出身。香川県立坂出高等学校を経て多摩美術大学油絵学科卒業。妻は同じく漫画家の国樹由香。1997年に「第4回みうらじゅん親友漫画賞」受賞。2015年に「第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)」受賞。高校時代に、萩尾望都や『ガロ』系の漫画を読み、漫画家を志望する。多摩美術大学在学中、漫画研究会でしりあがり寿、祖父江慎、しゅりんぷ小林らと知り合う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)