とんかつDJアゲ太郎

あらすじ

東京・渋谷、その片隅に一軒のとんかつ屋がある。その名も「しぶかつ」。三代目の揚太郎は、父・揚作のもと、なんとなく見習い修業を続ける毎日だった…。だがある日、とんかつを届けに訪れたクラブで、味わったことのない高揚感をおぼえる。そして伝説のDJとの出会いが、彼を本気にさせた。「とんかつもフロアもアゲられる男になりたい!」――――これは、とんかつDJとして踏み出した少年の青春物語である。

著者 : イーピャオ

イーピャオは日本の漫画家。『とんかつDJアゲ太郎』で原案を担当。

 

マンガ大賞おすすめコメント

「親父!!俺とんかつもフロアもアゲられるおとこになりてえんだ!!!」って格好良過ぎでしょ

” とんかつを揚げるのとフロアーをアゲるのは同じ ” という謎明言が決して出オチで終わることなく、意外イマドキ王道の少年マンガ。特に3巻は努力・友情・勝利を非常に高い完成度で読ませる一冊。

一言で説明すると、とんかつ屋のせがれがひょんなことで出会った DJ の世界に魅せられ、とんかつ屋になることとDJになることの両立を目指していく ・・・ というと何をいっているのかなお前は、と思われると思います。このマンガは、アゲ太郎という主人公がかないそうも無い夢に向かって地道にこつこつと自分を磨いていき、仲間を見つけ、回りも巻き込んで皆を幸せにしていく、読んでいてとてもハッピーになるマンガです。なんだろう、地味なんだけどすごくぶっとんでて面白いんだなあ・・・。あと、読んでいて無性にとんかつが食べたくなります。単行本のポスターといい内容といいとんでもない飯テロマンガ。おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)