多数欠

あらすじ

ある夜、突如街中のほとんどの人間が死んでしまう。
高校生の実篤らわずかに生き残った人間に
モニターを通じて「皇帝」と名乗る人物からメッセージが送られてくる。
今後毎夜「多数欠」を行い、その“多数派”が死ぬと。
最低でも毎夜人間が半減し、
裏切りと陰謀が渦巻く絶望の中で
生き残ることができるのか。

著者 : 宮川大河

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)