鬼神童子ZENKI

あらすじ

かつてこの世に鬼神あり。金剛の力を持ちすべての瘴気を喰らい魔物を祓う最強の朱き鬼神、その名は前鬼。日本最大の呪術者役小角の子孫である小明(ちあき)の前に人の欲望を増幅させた化物が現れる。窮地におちいった小明は、前鬼を目ざめさせ、邪を祓おうとするが、、、。熱いバトルが炸裂するハイテンションお祓いコミックが電子書籍で登場(全7巻)。

著者 : 黒岩 よしひろ

黒岩よしひろ(くろいわ よしひろ、1962年9月9日 – )は、日本の漫画家。長野県上水内郡信州新町(現長野市)出身、血液型O型。代表作に『鬼神童子ZENKI』(谷菊秀原作)など。桂正和の下でアシスタントを務めながら自身の作品を投稿し、1983年に『ビューティビースト』で第26回手塚賞佳作(同期受賞者に岸大武郎)、『舞子ミステリアス』でフレッシュジャンプ賞入選を受賞。『週刊少年ジャンプ』(集英社)でデビューを果たす。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)