P.K.ジーニアス

あらすじ

2050年…近未来の日本。
だが、日本代表はいまだワールドカップの優勝を成し遂げてはいなかった。
なぜなら…世界最高の選手、天才と呼ばれる選手がいなかったから…

札加市立札加第十一小学校に、ひとりのサッカー少年がいた。
堂島兆――
あどけなさの残る表情…だが、技術は本物だ。
彼を世界最高の選手に仕立て上げることができれば…きっと…そのためには…
天才は、創ることができるのか?
これは、ひとりの少年を本物の天才へと成長させる物語である。

著者 : 桐谷将士

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)