透明人間↑↓協定

あらすじ

「いやあ、今同棲している女子大生、これが僕のことを“透明人間”扱いするんです。一度手をポンとたたくと僕、いない、見えないことにされてしまうんです。むなしいですよ。くやしいから、同じベッドにはいりこんだり、シャワーの時、風呂場にいすわってみたりして、自己主張してみたりするんですけど…いつになったら僕を“人間”と認めてくれるのか…」『ふたりエッチ』の空前のヒットを生み出した克・亜樹先生が日本一の優柔不断男・黒川とミステリアスな女子大生・明日美のちょっと変わった同棲生活を心拍数200越えの映像で描きます。

著者 : 克・亜樹

克・亜樹(かつ・あき、本名:中村 克明、男性、1961年9月19日 – )は、日本の漫画家。福岡県福岡市西区出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。既婚者で2児の父。1983年、大学在学中に『メアリー♥ララバイ』で第88回HMCトップ賞を受賞し、『花とゆめ増刊』(白泉社)1983年5月号に掲載されてデビュー。以後しばらくは、『月刊コミコミ』(白泉社)や『週刊少年サンデー増刊号』(小学館)などで読み切り作品と短期集中連載作品の執筆を担当。後に、それと並行して『週刊少年サンデー』(小学館)で連載を持つようになる。1993年以降は青年誌での執筆が中心となり、現在『ヤングアニマル』および『ヤングアニマル嵐』(ともに白泉社)で『ふたりエッチ』を連載中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)